レイクアルサと他のカードを同時に申し込むのはNG?

レイクアルサなどの金融会社の審査というのは、借り入れの申し込みがあったら、申込書にある他社からの借り入れ額、件数、そして過去にカードローンの支払い遅延がないかなどを調べるために、信用情報機関に問い合わせます。

もちろん、レイクアルサも例外ではありません。

この時、信用情報機関には、借り入れの申し込みがあったという事実が記録されてしまいます。

したがって、一度に2社の借り入れ申し込みをしたら、もう1社に、他の金融会社にも借り入れを申込んでいる事実が知られてしまい、場合によっては、お金に困っている人と判断されてしまうこともあります。

これが、3社同時申込みだと、2社に借り入れ申し込みをしていると知られるので、さらにマイナスになります。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

レイクアルサのカードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

一般的に消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のレイクアルサのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

お金を融通してもらう方法としてレイクアルサのカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融レイクアルサの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融のレイクアルサのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のレイクアルサのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、レイクアルサの即日融資もしてもらえるのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

消費者金融レイクアルサと言うとサラ金や怖い人というものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのレイクアルサのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

引用:レイクアルサ即日審査外国人借りれる

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度レイクアルサのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されレイクアルサのカードローンやレイクアルサのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがレイクアルサのカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。