ETCカード申し込みでおすすめのクレジットカードとは?

もしものときにの時に持っていると安心なETCカードつきのクレジットカードはカードを取り扱っている会社が沢山あるのでどこのカード会社で申し込みすれば良いか迷うという考えの人は沢山いると思います。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方は年会費・金利に注目をしてみる事です。

年会費を支払いたくない場合は年会費がかからないクレジットカードを。

クレジットキャッシングの利用も考えている方はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っているともしものときにの時に安心です。

支払だけでなくATMから現金を引き出すことができる機能があるので現金が欲しいときに素速く対応できます。

これを作成する方法は様々ですが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。

インターネット以外の手法は提供会社から送られてくる書類に必要事項を記載し再度郵送するという方法があります。

ETCつきクレカは、商品やサービスを購入したり飲食をする際に決済する方法のひとつです。

磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で発行元や提携ブランドなどが分る仕組みになっています。

ユーザーが決済で利用することにより利益が出るのですが通常、支払回数が1回や2回までは金利手数料がかかりません。

利用されても売り上げが発生しない場合はどこから利益がでているのか不思議ですね。

ショップやレストランからも数パーセントの手数料を集めているので1回払いでも、ちゃんと収益はあるのです。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方はどうでしょう。

ネクスコのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますがオモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認と必ず時速20km以下の速度で通行してください。

もし車載器の故障など何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車を無理に動かさず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

料金割引も例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレカ支払いでは約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードでできるということです。

料金所入口でカードを係員に渡すことで処理を行われるようですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

ETCレーンエラーで料金所入口が無線通行できない場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えて決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

レーン出口のバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

ほとんどの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使い料金所スタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や年会費無料などの費用が発生するかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速道路の利用頻度が少ない方は年会費や更新費用がかからないカード、利用する回数が高い方はポイント還元率やマイレージ特典で選ぶ方が多いようです。

年会費が発生しないカードの中でも一部店舗での買い物時にポイント還元率が高くなることや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月に利用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できるのが人気です。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

参照:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

クレカの年会費は無料ですがETCカードには年会費が540円発生します。

年会費が気にする方もいらっしゃいますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは発行時にデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

逆に考えると、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードもあり、市の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからず自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こういったトラブル対応に慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をする必要があると思い、紛失盗難デスクに電話をしたところ本人確認が済んだ後にそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。