おまとめローンの審査に落ちる3つの原因

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくショッピングローンの返済には使う事ができません。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

参考:おまとめローン銀行はどう?審査通りやすい?【おすすめは?】