タラソセラピー効果

地球の70%を覆っている海には、海水や海藻、そして海中の泥などいろいろな自然成分が含まれています。

そこに含まれている成分の多くはミネラルなのですが、それぞれの成分が血液に大きな効果を持っていたり、骨や筋肉、ホルモンの再生などに大きな働きをしていたりするので、古代ギリシャでは医学療法としてタラソセラピーが用いられていたのだそうです。

現代の日本ではタラソセラピーは医学療法というよりは美容療法としてフェイシャルトリートメントやボディトリートメントなどとして人気があります。

タラソセラピーを医学的な観点で効果を見てみると、血液の再生が促進されたり、血液が酸化するのを防いでくれたり、海水に含まれている鉄分が血液中にグンと吸収されるなど、血液に対する効果は目を見張るものがあるようです。

その他にも細胞を活性化させたりホルモン分泌を促進したり、基礎代謝を促すような働きがあります。

エステサロンなどで行なわれているタラソセラピーは、タラソの成分を使った泥パックなどが多いようです。

泥には脂肪を吸着する性質があるため、泥パックを行なう事で毛穴の中に詰まっていた皮脂などがすっきりとお掃除される効果も期待できるようですね。

最近ではタラソセラピーを行う施設などが増えています。

エステでもなく病院でもないタラソセラピーの施設では、海水に浸かって体全体からミネラル成分を吸収したり、マッサージやパックなどのエステ的なサービスなども充実している療養施設。

バケーション感覚で訪れたいですね。