おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 > 審査が通りやすいおまとめローンはいくつもの金融機

おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】

おまとめローンって複数申し込みできる?デメリットって?あなたも「おまとめローン」を使って複数の借り入れを一つにおまとめしてみませんか?

審査が通りやすいおまとめローンはいくつもの金融機

審査が通りやすいおまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらの審査が通りやすいおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので審査が通りやすいおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので審査が通りやすいおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

審査が通りやすいおまとめローンを利用する際に一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

複数の借入れを1つにできる審査が通りやすいおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

審査が通りやすいおまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので審査が通りやすいおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、審査が通りやすいおまとめローン利用者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を自己分析する必要があります。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

Copyright (c) 2014 おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ