おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 > おまとめローンは複数の借入れを1本化できるの

おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】

おまとめローンって複数申し込みできる?デメリットって?あなたも「おまとめローン」を使って複数の借り入れを一つにおまとめしてみませんか?

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるの

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

審査が通りやすいおまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが審査が通りやすいおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので審査が通りやすいおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミス審査が通りやすいおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済だけしかできないカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

審査が通りやすいおまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

審査が通りやすいおまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因がわからなければ、次の審査が通りやすいおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査が通りやすいおまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

と言うのも、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなく審査が通りやすいおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

審査が通りやすいおまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

Copyright (c) 2014 おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ