おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 > 審査が通りやすいおまとめローンは複数社から借金して

おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】

おまとめローンって複数申し込みできる?デメリットって?あなたも「おまとめローン」を使って複数の借り入れを一つにおまとめしてみませんか?

審査が通りやすいおまとめローンは複数社から借金して

審査が通りやすいおまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが審査が通りやすいおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから審査が通りやすいおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンの審査落ちした人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

審査が通りやすいおまとめローン利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は審査が通りやすいおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金がいくらになったら、審査が通りやすいおまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行の審査が通りやすいおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので審査が通りやすいおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

埼玉りそな銀行には審査が通りやすいおまとめローンと言う商品はありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になります何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので積極的に利用することをおすすめします。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで審査が通りやすいおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られており銀行カードローンに使う事はできません。

審査が通りやすいおまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

良いことばかりのようなイメージの審査が通りやすいおまとめローンですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因を究明しなければ、次の審査が通りやすいおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

審査が通りやすいおまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることでこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらの審査が通りやすいおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融の審査が通りやすいおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!
Copyright (c) 2014 おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ