おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 > 審査が通りやすいおまとめローンは複

おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】

おまとめローンって複数申し込みできる?デメリットって?あなたも「おまとめローン」を使って複数の借り入れを一つにおまとめしてみませんか?

審査が通りやすいおまとめローンは複

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

審査が通りやすいおまとめローンの手続きで一番簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローン審査が難関な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

審査が通りやすいおまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

埼玉りそな銀行には審査が通りやすいおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですので審査が通りやすいおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

Copyright (c) 2014 おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ