おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 > 複数の金融業者から借り入れがある

おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】

おまとめローンって複数申し込みできる?デメリットって?あなたも「おまとめローン」を使って複数の借り入れを一つにおまとめしてみませんか?

複数の金融業者から借り入れがある

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、審査が通りやすいおまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいるとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

審査が通りやすいおまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融の審査が通りやすいおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

審査が通りやすいおまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を自己分析する必要があります。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

審査が通りやすいおまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返済総額は審査が通りやすいおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

審査が通りやすいおまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

審査が通りやすいおまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので審査が通りやすいおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

三井住友銀行グループのプロミスには審査が通りやすいおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが銀行の審査が通りやすいおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

Copyright (c) 2014 おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ