ニキビの芯の出し方とは?

ニキビの「芯」とは、ニキビが出来ている毛穴に詰まった皮脂や汚れなどの角栓です。

ニキビができると「芯を出してしまえばニキビが治る」と思いがちですが、ニキビの芯を出す場合には注意しなければいけません。

間違った方法で芯を出してしまうとニキビが炎症を起こしたり、ニキビ跡として残ってしまう事も多いのです。

ニキビ跡を残さずにニキビの芯を出すことができるのは白ニキビと黒ニキビまでです。

炎症を起こしているニキビの場合には無理に芯を出したりせずに、皮膚科を受診する事をお勧めします。

ニキビの芯を出す時には、まずニキビ周辺を清潔な手で消毒しましょう。

ニキビを直接手でつまむのではなく、ニキビ周辺の皮膚を大きくつまんでニキビの芯を搾り出す事も大切ですね。

ニキビの芯は皮脂や角栓なのでニュルニュルと芯が出てきます。

毛穴に詰まった角栓が硬く固形になってしまっている場合には、ニキビの芯を出すのもなかなか大変だったり、角栓が出てくる時に皮膚を傷つけたりしてしまう事もあるかも知れません。

ちょっとトライして無理な場合には、無理矢理芯を出そうとせずに、皮膚科を受診してくださいね。

大切なのはここから。

ニキビの芯が出たニキビ跡に美白効果が高いローションや美容液などを塗り、ニキビ跡が残らないようにケアをしましょう。

芯を出した傷跡がキレイにふさがってからもしばらくは美白ケアをする事をおススメします。

そうする事でニキビ跡が残りませんし、ニキビの再発を防ぐ事もできるのだそうです。