おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 >

おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】

おまとめローンって複数申し込みできる?デメリットって?あなたも「おまとめローン」を使って複数の借り入れを一つにおまとめしてみませんか?
写真

おまとめローン複数申し込みって大丈夫?

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

多重債務者の為に提供されている審査が通りやすいおまとめローンですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、実質年利は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなく貸付金額は元金の範囲内となります。

審査が通りやすいおまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者から審査が通りやすいおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行の審査が通りやすいおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、審査が通りやすいおまとめローン利用者は多重債務者なので審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

審査が通りやすいおまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

審査が通りやすいおまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

消費者金融の審査が通りやすいおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

審査が通りやすいおまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンを利用するメリットとデメリット

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合は審査が通りやすいおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

審査が通りやすいおまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットが多く効率的な審査が通りやすいおまとめローンなのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

審査が通りやすいおまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですので審査が通りやすいおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

審査が通りやすいおまとめローンを利用することで毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関から審査が通りやすいおまとめローンを借りるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので審査が通りやすいおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

理由は、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが専業主婦の方は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。


Copyright (c) 2014 おまとめローン複数申し込みのデメリットは?【おすすめのやり方】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ